永久脱毛の定義について

脱毛する方法は様々なものがありますが、永久脱毛を行える方法は限られています。一般的に永久脱毛とは、米国電気脱毛協会が定めている定義に基づいて考えられています。定義としては「最後の脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が、20%以下であること」とされています。つまり、永久脱毛といっても全てのムダ毛が処理された状態ではなく、ある程度は毛が残っていても永久脱毛と考えられています。ただし、この永久脱毛を行えるのは医療機関のみです。脱毛サロンではできない施術となっています。これは、永久脱毛と呼べるだけの脱毛効果を発揮する施術は医療行為にあたるためです。医療機関ではない脱毛サロンで永久脱毛効果がある施術を行うと、違法となってしまいます。

永久脱毛効果のある施術

永久脱毛は、医療用レーザーを照射して皮膚内部にある毛のメラニン色素などに反応させて熱エネルギーに変換し、毛根などを壊すことによって再生しないようにすると言う施術になっています。対して脱毛サロンなどで行われるのは、特殊な光をメラニン色素に反応させて毛根などにダメージを与えることで一時的に発毛を抑える施術です。基本的な仕組みは一緒ですが、出力が大きく異なります。当然レーザーの方が出力が強く、脱毛効果が高くなっています。効果も高いため短期間で脱毛を終わらせることができ、急いで脱毛を完了させたい、永久脱毛したいと言う人に向いています。しかし、出力が強い分だけ痛みが強いと言うデメリットもあります。

部分を脱毛する際にはブラジリアンワックスを使用すると良いでしょう。化粧品専門店などで手軽に入手する事が出来ます。

Back to Top