ヒアルロン酸で手軽にプチ豊胸術

女性の体への負担を考えて、安全かつ手軽な豊胸術が考案されました。それが、プチ整形には欠かすことができない、ヒアルロン酸を用いたプチ豊胸術です。ヒアルロン酸と言っても、顔に使うものと豊胸のために使用するものとでは種類が全く異なります。プチ豊胸術に使用するヒアルロン酸というのは、粒子が丸くなっていて注入後にバストを触っても感触が柔軟で自然な仕上がりになるのが特徴です。ヒアルロン酸でのプチ豊胸術では、1カップから2カップ程度のバストアップをすることができます。それ以上になると切開での豊胸手術が必要になりますが、ヒアルロン酸を用いれば、プチ整形同様に注射器一本で理想のバストを手に入れることができます。

定着率が高い脂肪注入

高い定着率を誇り、それでいて切開手術を必要としない豊胸術の一つに、脂肪注入という方法があります。プチ豊胸術の一種に数えられますが、その特徴は永久的にバストアップをした状態を維持することができるという点にあります。バストの殆どが脂肪でできているという点に着目し、自分の体から脂肪を吸引し、それをバストに注入することで豊胸をする方法を採用しています。100%自分の体の脂肪を使用するので、拒絶反応やアレルギー反応がなく、安全性が高いのが特徴です。さらに、吸引した脂肪は特殊な機械で細胞を分離し、必要な細胞だけをバストに注入します。その結果、5年以上が経過しても5割以上の脂肪を定着することに成功しているのです。

豊胸手術の術式の中でも人工シリコンをバストに挿入する、バック挿入法はバストサイズを大幅に変えられるのが魅力です。

Back to Top