根管治療は根元をきれいに修復するための治療法

虫歯を放置すると、知らず知らずのうちに進行して神経にまで至ります。神経に至ると虫歯菌の出す酵素によって、常に刺激され続けるので痛みが持続します。もし痛む段階にまで進行してしまった時には、歯医者では根管治療を行います。これは虫歯によって神経が刺激し続けることで日常生活に支障をきたしている場合において、歯の奥の神経に麻酔をかけた後に歯髄を抜くのです。

根管治療を行うとどうなるのか

虫歯菌の影響によって常に神経が毒素で攻撃されている状態なので、歯髄を抜くことによって神経が無くなることで痛みが無くなります。痛みさえなくなってしまえば、その後は抜いた部分を金属で覆うなどをしてこれまで通りの生活が出来るのがこの治療法のメリットです。しかし歯髄を抜く治療法は、極力行う前に治療してしまうことが大事です。その理由は歯髄は歯にとって重要な役割があり、まず虫歯や歯周病になった時に痛みとして伝えることで緊急性を教えるために必要になります。

もし歯髄が無いと、歯を抜いた後に虫歯や歯周病菌が進行しているのに気づかずに症状が重度化してしまう恐れがあるのです。そして歯髄には、歯にとって重要な栄養素を運ぶ役割があります。そのため歯髄を抜いてしまうと、血管から栄養が送られなくなるので歯がもろくなります。歯がもろくなるということは、これまで影響がなかった量の虫歯の毒素でも簡単に穴が開いてしまう恐れがあるのです。

これらの点から歯髄を抜く治療を行った後は、必ず半年に一回はメンテナンスを行って定期検査と口内洗浄によって口内をきれいにすることが症状を出さないために必要になります。

虫歯が進行して、歯の奥にある神経に虫歯菌が到達し、感染症を引き起こします。そのような場合に、神経部位を薬液で洗浄し、感染した物質を取り除く術式のことを根管治療といいます

Back to Top