医療用で最も多いレーザー脱毛

同じ全身脱毛でも、サロンやクリニックの種類によって、脱毛するやり方は異なります。それぞれのポイントを把握し、自分に向いているやり方で脱毛してください。一般的に多いのがレーザー脱毛です。クリニックを中心に使用されている医療用脱毛のほとんどがレーザーだといわれています。医療用のレーザーを使って脱毛をするため、通常の脱毛よりも効果を実感しやすいです。ただし高額で肌に負担がかかる可能性も高くなっているため注意してください。冷却をしっかりおこなって肌への負担を低減させることが、よい結果につながるといわれています。レーザー脱毛はメラミン色素に反応して熱を発生させる仕組みとなっているため、日焼けやほくろに毛が生えている場合には施術できません。理解して脱毛を行いましょう。

エステ脱毛で多い光脱毛やニードル脱毛など

最もエステ脱毛で主流といわれているのが光脱毛で、レーザーよりも若干穏やかな作用をもたらす光を肌に照射し、毛根を弱らせて毛が生えてこないように作用するやり方です。照射してから結果が出るまでに時間がかかりますが、その分肌に負担が少ないため、刺激に敏感な人には最適な方法といえます。ただし、日焼けやほくろ毛への対応が難しいため、注意してください。

それ以外にも医療機関では毛根に電気を通す針を差し込んで刺激を与え、無駄毛を生えてこなくするニードル脱毛があります。効果は高いですがとても痛いため、痛みに耐えられる人には有効です。それ以外にもSHRと呼ばれる毛胞の「バルジ領域」似光を照射してダメージを与え、脱毛をするものもあります。痛みも少なく人気が高いですが、取り扱っているサロンが少ないのがデメリットです。

全身脱毛の特徴は、顔から足先までの毛を脱毛できることですが、月額1万円未満で受けられます。部分脱毛を行うよりも費用を節約することが可能です。

Back to Top